平成30(2018)年

みなさん あけまして おめでとうございます。今年も先生方と一緒に全力で頑張ります。

  この学校だよりを書きながらふっと気づきました。私は昭和生まれの昭和育ちと今まで信じ切っていました。(もちろん間違いありません)しかし,教師としての経験は平成時代がほとんどだということに。平成という新しい時代の幕開けはつい昨日のように感じていましたが,もう30年経ったのですね。30年前,学校の裏山で子供たちと秘密基地を作り,勤労生産学習に取り組み,学校林の下草がりに行き・・・・。その時に感じたことを子供たちに表現させたくて作文を,とにかく作文を書かせていた頃でした。

22世紀を夢見て

夢のような話だと思いますが,確実にやってきます。あと83年経ったら2101年,つまり22世紀になります。私の世代にとって21世紀が夢の世界だったように,これからを生きていく皆さんには22世紀が夢の世界になっていくのです。そして,その22世紀を作り出していくのは,まぎれもない皆さんなのです。私たち今の大人が見られない世界を作り出してくのが皆さんで,その成果を現実に受け取り生活をしていくのは皆さんの子供たちの世代なのですね。今から生まれてくる子供たちは,22世紀を生きる子供たちです。見てみたいですね,皆さんがどんな世界を作り出していくのか。皆さんがどんな活躍をしているのか。誰かタイムマシンを作ってくれないかな・・・

平成30・31年度

平成30年度・31年度は平成32年度からの小学校新学習指導要領の先行実施年度になります。早い学校では30年度に道徳の教科化を先行し,通知表(あゆみ)への記述式評価を完全実施するようです。また,31年度には5・6年生の英語科,3・4年生の外国語活動の年間指導計画の改善と教科書を使った授業実践が行われるようになると聞いています。特に各都道府県や市町村教育委員会の研究指定校や私学ではこのスケジュールで進めていくことが予想されます。

子供たちが帰国した時に困らないようにするためには情報が大切になります。ご帰国が決まりましたら,編入予定の学校名を教えていただければ幸いです。できるだけ多くの情報を得るために,編入相手校とコンタクトをとっていきたいと考えています。

〇1月13日の課外授業は書道です。

〇1月13日は進級・進学調査の締め切り日となります。