中学部の補習

先週の土曜日に中学部の補習がありました。全学年集合して「数学コンテスト」が開催

されました。7名ずつ4班に分かれてのグループ対抗戦形式で実施されました。高等部の生

徒もたくさん来て応援していました。雰囲気の良い補習の時間でした。

私も最初の短い時間ですが見学に行ってきました。そこで感じたことが3つありました。

その時に感じたことをご紹介いたします。

1 真剣な表情

始まるまでにかなり時間を消費していました。早く下校しなければならない生徒もいて心配していました。先生は早く始めたいので,少し焦っていました。みんなが集合し,挨拶が終わって,最初の問題用紙が配られたころから,私語が聞こえなくなり,ほとんどの生徒が静かに問題に向かい合っていました。素晴らしいです。最初の計算問題に真剣に向かい合い,鉛筆の音が聞こえるほど集中して解いていました。中学生が全員集合し鉛筆のカリカリという音が聞こえるのは,素晴らしいことです。ちなみの高等部の生徒は,簡単だなと言いながら余裕で答えを導き出していました。

2 和気合あいあいの雰囲気

中学部の3名の先生方と生徒のやり取り,生徒同士の会話,そこに「俺たちの方が少し偉いぞ感」を醸し出している高等部の生徒たち。雰囲気が良かったです。数学の西村先生だけでなく,国語科の山口先生や社会科の大山先生が会場にいたことも良かったです。山口先生に頭を撫でられても「嫌な顔をしない笑顔」の高等部の男の子は可愛かったです。思わずツーショットの写真を撮りました。

3 数学を楽しむ

数学の楽しさは,問題が解けたときの達成感だと思います。そこにゲームの要素を取り入れ,個人戦ではなく団体戦とすることで,苦手意識のある生徒も頑張れる。「数学って楽しいよ」というメッセージが込められた数学コンテストだと思いました。

〇2月3日の課外授業は図工(高学年)です。課題:犬のマスコットを作ろう(2)

持参物:絵の具セット,色ペン,黒シャーピー(油性ペン)

※1月のクラスを欠席した人:手拭き用タオル,成型用にナイフ,フォーク,スプーン ※2月の展示用に,9月に制作した「マイロゴを作ろう」,12月に制作した「ここがお気に入り」写真&点描の作品を完成して持ってきてください。

※犬のマスコットの続きを制作します。1月の授業に欠席し,粘土で犬を制作してない人は,

手持ちの紙に犬のスケッチを何通りか描いてきましょう。 ※絵の具,粘土を使用しますので,汚れても良い服装で。

平成30(2018)年1月27日