授業を受けるということ

 授業は先生がします。授業は子供たちが受けます。これは昔の授業の姿です。今の授業は教室にいるみんなで作り上げていきます。そのためにグループでの学習やペアでの話し合いなどが取り入れられて,子どもたちが自分の意見を述べ,友達や先生の話を吸収して学びを進め深めていく授業が求められています。つまり受け身にならない学びが主流です。

受け身にならない学びを進めていくためのキーワードの一つに「尊敬」があります。先生が子供を尊敬する。子どもが先生を尊敬する。子供同士が尊敬しあう。なぜ,受け身にならない授業を作り出すキーワードが「尊敬」なのでしょうか?

先生が皆さんに伝えたいことを話しているときに,聞かない,おしゃべりをしている状況は先生を「尊敬」している状態とは言えません。また,子供たちが一生懸命考えているときや発表しているときに,話し続けたり,聴かなかったり,いい加減な評価をすることは子供たちを「尊敬」しているとは言えません。だから,教室にいるすべての人同士が「尊敬しあう」ことで授業が深まり子供たちの学力と先生の指導力が伸びていくと考えています。

教室の変更

 小学部の一つの学年だけが4階で授業をしています。4階は基本的に中学部・高等部の教室があり,小学部との授業時間や休憩時間の割り振りで不便な思いをさせてきました。この度事務室内にあった図書室をお隣の教室へ移動し,事務室が広くなったことを受けて,これまで311教室4年生に310教室へ移動してもらい,311教室へ5年生に4階から移動してもらうことにいたしました。4年生に移動してもらうのは机といすの数の関係です。突然の事ですがどうぞご理解ください。よろしくお願いいたします。

子どもたちに伝えてください 2

子供たちに伝えて欲しいことがあります。それは,気持ちや出来事の伝え方(話し方)です。自分の思いを伝える時のポイント。出来事を説明する時のポイント。今までお家ではどのように教えてこられましたか。自然に身につくことではありませんので,それぞれのご家庭で苦労されていることの一つだと思います。私は結論先行で話しなさいと言ってきました。廊下ですれ違った時に教えてください。

首都圏学校説明会

 7月7日にお伝えしていました,首都圏3校の学校説明会が9月8日に予定通り実施されます。会場を309教室変更させていただきます。どうぞご参加ください。

課外授業のお知らせ

9月8日(土)の課外授業は,図工(高学年)です。 忘れ物が無いようにしましょう。

「立ち上がった絵の世界」 教科書3・4年上 P16~17

持参物:ペン,色ペン,色鉛筆,クレヨン,はさみ,のり,テープ 3・4年生上の教科書