学校だより

校長

窓から差し込んでくる朝の陽ざしは、だんだんと暖かくやわらかになり、近くの公園のふくらみ始めた桜のつぼみは、春の訪れを待ちわびているようです。まだまだ寒い日が続いていますが、春はもう、すぐそこまで来ています。

昨年の4月、入学式も行うことができず、新学期がスタートしました。そして、学習の継続を第一に、在宅学習支援を始めました。手探りで始めた学習支援ですが、どうすれば子どもたちの学習が充実するのか、担任も保護者の皆様も悩みながら行っていたことと思います。7月からはオンライン学習の準備に取りかかり、2学期から全校で進めていきました。少しでも質を向上するために、授業の準備を毎回行い、オンラインならではの作品集もたくさん生まれてきました。

現地校の授業も課題が多くなる中、補習授業校の子どもたちは本当にがんばってくれました。通常であれば、休み時間に友達と遊び、語り、自由に過ごすことが出来たのに、ずっと画面の中で我慢をしてくれました。そんな苦境にあっても、子どもたちは笑顔を絶やさず、前向きに歩み続けてくれました。

通信環境を整え、オンライン学習を支えてくださいました保護者の皆様にも、心から感謝申し上げます。子どもたちがオンライン学習に慣れるまで、ずっとそばにいて見守ってくださいました。子どもたちのメンタルにも、十分に配慮いただけたことと思います。

今までに経験のないことばかりでした。しかし、学校運営委員会から全面的なバックアップをいただき、保護者の皆様に支えられた1年間でした。課題やできなかったことも多々あります。成果や課題をしっかり受け止めて、次への準備をしてまいります。最後に、子どもたちの成長をともに支え、共に喜んでくださるすべての人々に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。